10年以上C#を書いた人がPythonで覚えたことの備忘録

10年以上C#で開発してきて、Pythonを使うことになったので印象に残っているC#のこれはPythonだとこう書くっていうのを備忘録として残しておくので、参考になれば幸いです。

基本的な型

List

//初期化
var list = new List<string>();

// 要素の追加
list.Add("abc");
list.Add("あいうえお");

// 値が含まれているか
contains = list.Contains("efg")
Console.WriteLine(contains) -> false

// 値を削除
list.Remove("abc");

// 件数を取得
var count = list.Count;

// インデックスを指定して取得
var item = list[0]

// 先頭、末尾を取得(System.Linq)
var first = list.First();
var last = list.Last();
# 初期化
list: list = []

# 要素の追加
list.append("abc");
list.append("あいうえお");

# 値が含まれているか
contains ="efg" in list
print(contains) -> false

# 値を削除
list.remove("abc")

# 件数を取得
count = len(list)

# インデックスを指定して取得
item = list[0]

# 先頭、末尾を取得
first = list[0]
last = list[-1]

Dictionary

// 初期化
var dict= new Dictionary<int, string>();

// 初期化2
var dist2= new Dictionary<int, string>()
{
    {1, "abc" },
    {2, "あいうえお" },
};

// 追加
dict.Add(1, "abc");
dict.Add(2, "あいうえお");

//値取得
var value = dict[1];

//キー判定
var containsKey = dict.ContainsKey(1);

// 削除
dict.Remove(1);

// キーの一覧取得
foreach (var key in dict.Keys)
{ }

// 値の一覧取得
foreach (var value in dict.Values)
{ }
# 初期化
dict = {}

# 初期化2
dist2 = {
    1: "abc",
    2: "あいうえお",
    }
## 同じキーを追加しても例外にならずに後勝ちになる(C#はキー重複で例外)
dict = {
    1: "abc",
    1: "あいうえお",
    }

# 追加
dict[1] = "abc"
dict[2] = "あいうえお"

# 値取得
value = dict[1]

# キー判定
containsKey = 1 in dict

# 削除
del dict[1]
## もしくは
dict.pop(1) # ただしキーが存在しないとエラーになる

# キーの一覧取得
for key in dict.keys:
    pass

# 値の一覧取得
for value in dict.values:
    pass

制御文

for

for (var index = 0; index < 5; index++)
{ }
for index in range(0, 10):
  pass

foreach

Pythonにforeachはなく、for文を使う

var list = new List<string>();
foreach(var item in list)
{ }
list: list = []
for item in list:
    pass